死んだ時には

都会の街並み

人は生まれれば必ず死んでしまいます

人は生まれればいつかは死んでしまい相続が発生します。これは故人が生前に持っていた財産や負債あるいは義務等を家族や親族が引き継ぐことです。プラスの財産だけでなく借金などのマイナスの財産も引き継ぐことになります。故人の借金等は、個人がなくなった後相続人が返済義務を負うということになります。 明らかにマイナスの財産が多い場合財産の全部を引き継がない放棄の手続を検討することになります。家庭裁判所に相続放棄の手続をすることにより故人の財産を引きつがなくてよいというお墨付きをもらえるわけです。注意をすることは3か月の期限があることや、遺産分割してしまってからでは相続放棄ができないことが挙げられます。 故人の財産についてしっかり調査してみる必要があります。

マイナスの財産が多ければ相続放棄を

上記のようにマイナスの財産が多い場合3か月以内に相続権の放棄の手続をしたほうが無難です。何も無理をして債務を引き継ぐ必要もなく、逆に引き継いでしまった場合自分の生活に悪影響が出てしまう恐れが十分にあるからです。注意をしておきたいのは自分が相続を放棄した場合次の順位にある相続人にその権利が移ることになるということです。自分が放棄した旨の連絡を次の人にするようにしましょう。 またこの相続放棄の手続は自分でもできるのですが、多忙でできないとか法律の専門家にやってもらいたいという人があれば弁護士さんにお願いするのが早いです。また限定承認という方法をとることもできます。これはマイナス財産、プラス財産どっちが多いかわからない場合相続によって得た財産の限度でマイナス財産も支払うという手続きです。この方法は手続が煩雑になるため専門家である弁護士さんに相談されることをお勧めします。 料金は財産の価額と人数により変わりますが財産価額の1%前後で手続きをしてくれるところが多いようです。