取得状況

簿記の試験

学習を進めていくときに

行政書士の試験は、多くの科目から試験問題が出されていますので、それらの勉強をある程度網羅的にする必要があります。行政書士の試験は合格率も低く、一般的には難易度が高いといってもいいのですが、他の法律系の資格に比べたらまだ比較的合格しやすい試験だといえるでしょう。しかし、民法など条文数が多い科目でも、理解した上での応用問題が出ることも多々ありますので、深い勉強も必要になってきます。 独学で勉強していくことも可能ではありますが、法律を学ぶのが初めてだという場合は、用語が難関で分かりにくいといったことが起こるかもしれません。分からない用語を表にして持っておくと、いつでも確認ができますので、法律用語にもすぐに慣れるのではないでしょうか。

予備校に通うとサポートが充実している

行政書士の試験を受けようと思ったら、予備校に通うと分からない点も教えてくれますので助かります。授業料がかかりますので、独学よりは金額がかかりますが、試験のための情報を得ることもできますし、初学者でも学びやすいです。予備校自体も法律初学者でも学びやすいような取り組みがされていますので、「授業についていけるか不安」という場合でも、安心して勉強に集中していけるのではないでしょうか。 予備校から渡されるテキスト類だけで合格する力は十分付いてきますので、その他のテキストを買う必要もありません。しかし、買いたい問題集などがあれば一通り勉強が終わってから買うという方法もいいかもしれません。また、公開模試なども授業料に組み込まれていることが多いので、行政書士試験までのサポートが充実しています。