得意分野をアピール

見積もりを出す

弁護士のマーケティング

弁護士もマーケティングをしなければ依頼者を集められない時代となりました。その背景には、弁護士事務所の乱立があります。弁護士が増えたため、事務所も増加しており、事務所の間での顧客獲得合戦が激しくなってきているのです。それでは、どのように弁護士はマーケティング行えばよいのでしょうか。これからの時代はマーケティングなければ集客が百ならない時代となっているのです。最近では、インターネットを使ったマーケティングを行う弁護士が増えてきています。例えば、ホームページを作るのです。ホームページを作って、事務所の得意分野をアピールしましょう。交通事故を得意とするのであれば、交通事故に関する解説等を掲載すれば良いのです。

インターネットによるマーケティング

インターネット使ったマーケティングを行う弁護士事務所が増えてきているのですが、実際にはどのように行えばよいのかわからない弁護士事務所も多いのです。今回は、インターネットを使ったマーケティングを紹介します。弁護士事務所には得意分野があるはずです。得意分野は、その事務所のセールスポイントでもあります。ですから、インターネットでは弁護士事務所のセールスポイントをどんどんアピールしていくべきです。例えば、交通事故の後処理を得意としている弁護士事務所であれば、交通事故で困っている人を集客するためのホームページをつくります。まず、交通事故と言うキーワードをちりばめたホームページを作ってください。そうすれば、交通事故で検索した人に向けて情報発信をすることができます。